2017年10月26日

契約してからお墓が完成するまでの期間は?

雪も降ったりし始めてきた北海道の旭川市ですけども、まだまだたくさん建てるお墓があるので
どうか雪だけは降らないでほしいものです。

お盆過ぎたらすぐ秋そして冬ですから、お墓のご準備はお早めにがよろしいかと。

昨日、10月25日にご来店で雪降までに建ててほしいとご依頼も受けました。
でもお話し聞くと、お亡くなりになったのは去年の11月。もっと早く準備しなさいって
奥様に怒られたらしいです(笑)
ついつい春が過ぎ夏になりお盆もすぎお彼岸もすぎ、雪も降り始め・・・ちょっと遅いですよね。
自分の親ですし。

さてお墓を契約してから完成までの期間ですが、当社では1ヶ月半から2ヶ月頂いております。

契約をしてからですので、お墓のカタチが決まるまで時間がかかれば完成も遅れます。
なので図面の変更も1週間おきに行っていては完成も1週間ずつ遅れることになります。

今年は輸入先の中国がなにやら大きな会議を行うとかで、その期間、周りの工場を運転禁止、通行禁止にしたため、かなり石材の輸入がストップしてしまいました。
さすが社会主義国家と行った感じですが、いい迷惑でした。
このようなイレギュラーな事も起こりますのでお墓の準備はお早めに。

posted by 佐々木寛太郎 at 11:19 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 旭川の墓地 | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

『霊長類最強女子』吉田沙保里さんのお墓参り

IMG_3965.jpg
IMG_3964.jpg
IMG_3966.jpg
IMG_3968.jpg
IMG_3972.jpg
IMG_3974.jpg

先日テレビで偶然拝見いたしました。
今回の番組の内容は吉田沙保里よりもシャキシャキしている兄嫁の密着でしたが
一瞬ですが吉田家で急死なさった吉田さんの父 吉田栄勝さんのお墓参りしている様子が映りました。
暑いのは苦手と言いつつも吉田家全員でお墓参りする姿はとても和やかです。

この姿を見て、お墓なんていらないとかいうエコノミスト孫のために墓じまいと本気で思ってるシニア世代流行に流される人たちは、お墓なんていらないでしょと吉田家の前で言えるんでしょうか?

お墓は親や先祖に感謝を伝える霊域です。
この世に産んでくれただけで、親には一生かかっても返しきれない恩があります。
だから亡くなってからも感謝の気持ちを伝えなければなりません。
先祖もそうで誰か一人でも欠けたら、今の自分達には繋がって来なかったのです。

これが吉田家が散骨や合葬墓にいれたとします。
海に散骨すれば、その一瞬はドラマチックかもしれませんが、その後は海にお参りなんていきません。
合葬墓に入れれば他人と混ざり合い、お参りも合同。もしくは後がつまるので2分間くらい。
孫達も栄勝さんのことも次第に意識することなく、お盆も意味をなさなくなります。
IMG_3975.jpg
精神的に吉田さんの父、栄勝さんを感じられない孫達は強いレスリング選手にはならないでしょう。

アスリートやプロスポーツ選手にとってお墓参りは物凄く大事なことなんです。
一流の選手はお墓参りを行ってると思います。

逆に才能あるのに、芽が出ない選手、お墓参りしてなかったら、原因はそれかもしれません。

そこまで言ったらスピリチュアルな話だろと言われるかもしれませんが、
メンタルの土台になる話だと思いますので、たぶん合ってます。

逆に刑務所に多いのがお墓参りしたことない人です。アンケート結果出てます。

最後は怖い話で終わりましたが、吉田家のように明るく楽しいお墓参りができるように
サポートをしておりますのでよろしくお願いします。
佐々木寛太郎

牛イ々木石材工業
旭川市神居5条11丁目
0120−61−1483
HP http://sasaki193.jp/
メールフォームでのご相談も好評です。
posted by 佐々木寛太郎 at 10:16 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

全然更新してないけれども

佐々木石材では毎日お墓を建てています。
最近も富良野や比布、旭川と札幌、あちこちで建てさせていただいております。
今月の予定を作る際に間に合わないということで、ちょっと祝日を作業に当てたりしないといけませんでした。
本日も日曜日ですが、職人も自主的に休日出勤していただきました。勿論給料に反映されますが、貴重な休みを申し訳ないです。

結局何が言いたいかというと、お墓建てる人減ってると言われてますが、マスコミが言うほどではないという事。
そもそもテレビで言ってることが全部正しいわけないように、墓じまいがブームなんて思ってはいけない。

墓じまいは悲しいこと、
それを時代のせいにするように、今こういうの増えてるでしょ?と聞きたくなるとは思いますが、

増えてるのは圧倒的に自分の息子や娘、孫を信頼していない人。

お墓が作っても、息子はお参りなんかにこないはず、孫は離れるからお参りにはこないはず、だから墓じまいしなきゃならない。・・・・・
娘は嫁いでるから別の家の人間。・・・・

悲しい悲しすぎますね。

遠慮しすぎです。

反対に
お墓さえ建てとけば、お墓参りぐらいしてくれるだろう
とか、
あんた嫁いでも〇〇はあんたのばあちゃんなんだからちゃんとお墓参りしなさい
とか
ご先祖様あっての自分たちだからねと言われる方のほうが、至極健全。

結局どちらが今後も繁栄していくかは・・・一目瞭然。(個人的な見解)ですが


墓じまい=先祖なんて関係ない=個人主義=その次の世代はもはや先祖を意識すること無く、自分ひとりで生きてると思うサラブレットが誕生します。
此処から先は、人の気持ちを考えられない、自分さえ良ければいい、と言った世代がうじゃうじゃ生まれます。

私は3人の子どもに言い聞かせてます、ひいじいちゃんが戦争でロシアから生きて帰れなかったら、ばあばも生まれてないし、お父さんも生まれてないし、お前たちも全員生まれてない。
ロシアで殺されなかった理由は戦争前はパン屋だったから、捕虜でパン作らされたから。(帰ってからもパン屋は続けて息子が継いでます最近そのまた息子も帰って一緒に働いてます)

生きて帰れたのはたったそれだけだから。感謝しないといけないね。

学校の教科書よりも身近な道徳授業になると思ってます。

間違ってはいないと思うんだけど・・・先祖なんかに感謝しなくても、やさいい子に育つしと言われそうだけど、その確率あがりますよと言いたい。

というお墓という衣食住にはか関わらないけど、結構大切なんだと思うという話でした。
posted by 佐々木寛太郎 at 16:43 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

旭川市で五輪塔の建設

IMG_9644.jpg
IMG_9640.jpg
IMG_9633.jpg
みなさん五輪塔はご存知ですか?
知ってるという人もいるかもしれませんが、皆さんが知ってるのはこういう五輪塔ではないですか?
IMGP2255.JPG
このタイプは本来の五輪塔と一緒にするべきではないカタチでした。

本来の五輪塔はそれ自体が主役で大きなものあります。

江戸時代前までは庶民もお坊さんも武家もこの五輪塔でお墓を建てていました。

詳しく話せばカタチの意味合いや歴史もとっても深いので

実際にお会いしたかたには

私が作成した五輪塔研究の印刷物をお渡ししながらご説明しております。

今回の五輪塔は上から三番目の火輪と呼ばれる笠のような石の部分を

伊達政宗や
伊達政宗墓.jpg

石田三成や
石田三成生前墓.jpg
柳生十兵衛や
柳生十兵衛真ん中.jpg
日本仏教は天台宗から分派してますがその天台宗の僧
天海さんのお墓
天海墓.JPG
のような火輪のカタチにしております。

古きを訪ねて新しさを知る

温故知新の精神で過去の偉大なお墓も研究しております。

最近のデザイン墓石ももちろんどこにも負けないご提案をさせていただきますが

本当の五輪塔にご興味のある方はぜひお気軽にご連絡ください。

牛イ々木石材工業
旭川市神居5条11丁目
0120−61−1483

posted by 佐々木寛太郎 at 11:45 | 北海道 ☔ | Comment(0) | デザイン | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

お墓のリフォームin当麻町

50年前に当社で建てていただいてるお墓でした。
時を経て50年ぶりにお墓に手をかけました。
お墓もキレイにクリーニングして
IMG_2482.JPG
敷地いっぱいに基礎を打って外柵を回して
IMG_1784.JPG
墓誌をおいて完成です。
同じお墓には見えませんよね。
posted by 佐々木寛太郎 at 14:12 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 上川・愛別・当麻・比布・鷹栖 | 更新情報をチェックする
おすすめセレクション.jpg