検索
 

2013年11月14日

名言 私は常に学んでいる。墓石が私の卒業証書だ。

「私は常に学んでいる。墓石が私の卒業証書だ。」(アーサー・キット)
450px-Eartha_Kitt_2007.jpg
アーサー・キット
アメリカの女優・歌手。いくつかのヒット曲があり舞台や映画でも活躍。2008年に亡くる。
死の1週間前に吹き込んだ彼女の声が、死後にTVアニメで使われていたそうで、
まさにこの言葉通りの人生を過ごした人だといえます。

5歳でも20歳でも80歳でも日々学ぶということには変わりないですね。
むしろ学ぶことをやめたら、何のために生きてるかさえもわかりません。
学ぶというのは学校やテストだけじゃないんということです。

佐々木寛太郎


タグ:名言 墓石
posted by 佐々木寛太郎 at 09:33 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

八木祐四郎記念碑を製作 東京五輪決定の日除幕式

八木祐四郎記念碑を製作いたしました。
北海道新聞で掲載もされてました。
八木祐四郎記念碑.jpg
東京五輪決定の日…感慨ひとしお JOC前会長・故八木さんの記念碑除幕 旭川・宮前公園で式典

故八木祐四郎氏は東京美装興業(株)の創設者でもあり、日大スキー部の監督やスキー界だけでは無く多くのスポーツに貢献されました。
長野オリンピック&シドニーオリンピックでは日本選手団の団長をやられ、1998年〜2001年までJOC(日本オリンピック委員会)の会長もされています。
スキー界の発展、企業スポーツ界に多大なる貢献をされた方です。
またバーサー大会の生みの親でもあります。

構想、申請、認可には長い月日がかかっております。
当社、社長佐々木彰宏、私、営業部長の佐々木寛太郎も種目は違えど小中高大学まで競技スキー部出身であります。
お話しを受けた時には『しっかりとした仕事をさせていただく』ということがスキー界に少しでも恩返しができると考えました。

IMG_7911.JPG
IMG_7914.JPG
IMG_7916.JPG
IMG_7919.JPG
IMG_7930.JPG
IMG_7921.JPG
巨大な原石から造られた記念碑は迫力満点。
顔の部分はレーザー彫刻です。
皆さん是非一度ご覧になって下さい。

場所
旭川市 宮前公園内
八木祐四郎記念碑の場所.jpg



牛イ々木石材工業
旭川市神居5条11丁目4-13
0166-61-1516

posted by 佐々木寛太郎 at 10:23 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

お墓のメンテナンス

ダウンロード.jpg
お盆も終わり、お墓参りでメンテナンスの必要性を感じた方多いのではないんでしょうか?
そんな方は悩んでるだけではなくてご相談下さい。
多い内容はスミ入れ メジコーキング 花立てですね!
9月のお彼岸までにお直しいたしませんか?

牛イ々木石材工業
0166-61-1516
旭川市神居5条11丁目4-13
posted by 佐々木寛太郎 at 09:06 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

留萌にお墓参り 佐々木寛太郎日記

IMG_7716.jpg
IMG_7724.jpg
IMG_7738.jpg
お盆の時期ですが海水浴に留萌に行きました。
目一杯遊ばせた後は子ども達にとっては、ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃんのお墓参りに行きました。
子どもたちは会った事はないのですが、確実にひいおじいちゃん、ひいおばあちゃんがいなかったら自分たちは存在してないわけですからしっかりお参りしてもらいましたわーい(嬉しい顔)
かなり長男の本格的なお参りスタイルにビックリ!
次男は方向違っちゃってるわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
それでもお花への水やりは完璧!
自己紹介と『ナムアミダブツ』を唱えてもらって完了!
美味しいものもこの後食べ、お墓参り=楽しい思い出にすることが先祖を大切にする近道かと思い実践わーい(嬉しい顔)

昨日は母方のお墓参りですが明日は旭川の父方のお墓参りに行きたいと思います。
私は必ず写真とるようにしていますが、オススメです!

佐々木石材工業
旭川市神居5条11丁目4-13
フリーダイヤル 0120-61-1483
お墓ディレクター 佐々木寛太郎
posted by 佐々木寛太郎 at 11:52 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

瀬戸内寂聴さんが好きです

何冊か瀬戸内寂聴さんの本を読んだことありますが、難しいお釈迦様のお言葉を現代風に解釈して教えてくださる
のでとても好きです。
ネットでコラムあったので貼っておきます。
↓↓↓
瀬戸内寂聴「死も病も、この真理を知れば怖くない」

タグ:仏教
posted by 佐々木寛太郎 at 16:49 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

お墓参りフォトコンテスト審査結果発表

fotokon2013.jpg
実はこんな素晴らしいフォトコンテストがあるんですよ。
私も投稿しましたが見事に・・・何の賞も入りませんでした。
そりゃあ素晴らしい写真が集まってますからしょうがありません。
結果発表だけでもみなさん見て下さい
来年はぜひ応募しましょう
↓↓↓↓
http://ohaka100nen.blog.fc2.com/blog-entry-57.html


一位の写真は好きですね。いろんなドラマを見た人に考えさせられますね。
どれも幸せを感じますね。
やっぱりお墓参りは最高ですね!
posted by 佐々木寛太郎 at 14:23 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

海外から見た日本人のお盆

日本に滞在中のフランス人のブログ「Un an au Japon」では、日本のお盆を紹介している。
 筆者は、日本のお盆は祖先の霊をうやまう行事で、3日間ほど続くと紹介している。フランスでも似たような祝日があるが、お墓参りをするくらいで、一般的には特に何もしない。
 日本人は信心深いわけではないように見受けられるが、お盆は大切にしている。そのため、日本のお盆は日本人にとって宗教的な行事というだけではなく、1年の生活の中での大切な文化として考えているようだと述べている。
 筆者は、滞在している日本人の家族とともに寺に行ったという。寺の脇には墓があり、その家族の祖先の墓石を水で洗い、線香をたいていたと、日本独特の習慣について紹介。その後、家族は墓に向かい手をあわせていたが、筆者はこれは家族間の儀式であり、同居しているとはいえ他人なので、同じようにすることには違和感があったため、見ているだけにとどめたと記している。
 墓参りが終わると、また次の違う寺に向かったという。先に訪れた寺と異なり、あまり光がなくとても暗かったようだ。寺を抜けて庭に出ると、灯篭(とうろう)にろうそくの優しい光がともっており、とてもきれいだったと好印象をつづっている。
 筆者は、日本人の家族と一緒にお盆を過ごすことで、日本の文化や習慣を新たに知ったようだ。(編集担当:山下千名美・山口幸治)
ソース http://news.livedoor.com/article/detail/6986866/
posted by 佐々木寛太郎 at 17:52 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

FMりべーるに出演させて頂きました 佐々木寛太郎日記

IMG_8435.JPG
6月3日月曜日の5時10分から出演させて頂きました。
お墓についてお話しをさせて頂きました。
主に最近のお墓のリフォーム事情と生きているうちに建てるお墓の話などをさせて頂きました。
聞いて頂いたかたいらっしゃったでしょうかわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
貴重な経験をさせて頂きました。ありがとうございました。
posted by 佐々木寛太郎 at 09:33 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

佐々木石材工業 工場内の様子

石屋さん選びの基準の一つに工場を持っているかも加えてみると、わかってくることがあります。
石屋さんだからみんな工場持ってるに決まってるでしょ?とおもいますよね。
そうでもないところもたくさんあるのが現状です。輸入オンリーな石材店はお墓を造ってることになるのでしょうか?建込みも外注でしたら、それはホントに石材店といえるでしょうか?




posted by 佐々木寛太郎 at 10:26 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

ようやく雪解け

ようやく旭川も暖かくなってきて雪解けが近くなってきたかと思います。(墓地の残雪は多いけど)
ご法名・お戒名彫刻の依頼が多くなって来ました。
ご法名・お戒名彫刻は墓誌または仏石(棹石)に彫りますが、
できればお客様にはこちらを軽視していただきたくないですね。
仏門に入られた『あかし』のお名前ですから、大切に扱って欲しいです。
また墓誌に彫刻することによって、子孫が自分のルーツに思いをはせることができるものだからです。
『一番安いところにする、どこでもいい、別に彫らなくていい、』という声もなかにはお聞きしますが、
少し悲しくなります。
極端な話をしますと、それを聞いた、見ていたお子さんお孫さんは、今度はお墓を大事にしなくなります。
納骨だけして名前をも彫ってくれなくなります。
さらに適当な表面だけのお参りになるかもしれません。
お墓に関する物事をないがしろにすることは、自分の家をもないがしろにすることにつながります。
さらに一番に思うのが故人の気持ちです。自分の仏になった証ののお名前をなんだかないがしろに適当に
されてるのを見ると悲しくなるはずです。

私は亡くなった故人、その方の子孫、ご家族のためにしっかり丁寧な彫刻をお約束しています。
当社は自社工場内での彫刻を基本として行なっており、26年彫刻一筋の職人がおります。

自社工場で行うのはいくつか理由があります。
それは又今度お話します。

hp 104.jpghp 103.jpg
鷹栖工場.jpg

牛イ々木石材工業
フリーダイヤル0120−61−1483
posted by 佐々木寛太郎 at 11:18 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

北海道と春のお彼岸 北海道旭川市

写真 (1).JPG
今日の北海道新聞の記事
北海道の場合 春のお彼岸は雪がまだまだある状態でなかなか行けませんね。
それでも中には雪をかき分けてお参りしている人を見ると仏さんは喜んでるだろうなと思います。
でも現実は厳しいのでお墓の中の仏さん(ご先祖様)は日にちに関係なく来てくれたら嬉しいと思いますので雪が溶けて暖かくなったらお墓掃除に行ってみて下さい。ご利益ありますよ(^^)
posted by 佐々木寛太郎 at 13:34 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

奈良の石造美術に触れて『佐々木寛太郎日記』

先日奈良の石造美術に触れる弾丸ツアーに言って参りました。
北海道では歴史の浅い分、古い石造物は少ないですが、本州ではたくさんの石造物が今も残っております。
800年前のお墓ですが、その美しさは今もなお衰えることはありません。
そもそも石というのは800年以上もっとですね1000年以上その場に建っていることができますね。
近くで見ると当時の石工職人の仕事が見えてきます。
IMG_5956.JPGIMG_5998.JPGIMG_6199.JPG
昨今は職人不在、工場を持たない石屋さんが増えていますが、佐々木石材では温故知新
古きを訪ねて新しきを知るの気持ちで魂を込めたお墓づくりに精進して行きたいと強く思いました。
800年以上拝んでいく対象として風格、気品、宗教性、尊厳性を併せ持つお墓を造っていきたいと思います。

私はまず購入云々の前にお客様とお墓についてのお話しをしたいので
ぜひお気軽にご連絡下さい。
牛イ々木石材工業
フリーダイヤル 0120-61-1483 
通常TEL    0166-61-1516
後継ぎ問題も一緒に考えます。
posted by 佐々木寛太郎 at 12:06 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

若者でも先祖供養の気持ちは変わらない

私を含め今時の若者はとおもわれる事が多いかもしれませんね。
でも今の若者も捨てたもんじゃないです。
とあるネットにてあったどなたかのツイッターでの呟きです。

○○さんのツイート
もうすぐお盆だね。自分霊感ないし見えもしなければ感じもしないけど、おじいちゃんやご先祖さんが帰ってきてるなら、それはそれでなんかうれしい。


△△さんのツイート
15日はお盆だ〜。亡き祖父に会いに行く。一人息子をほんとによろこんでいたらしい。0歳の時に亡くなっちゃったけど。顔向けできるよういまを生きてるぜー。祖父と同じくレコード集めてるぜ。


□□さんのツイート
あれから間もなく20年になろうとしている。祖母は相変わらず健在だ。祖父の遺影もあの頃のままだ。お墓も多少とれない汚れに染まってきてはいるが、それでも定期的に墓参りをしているので、まだまだ新品にも負けない輝きを持っている。祖父は今もすぐ傍に居て、ろくでなしの私を見守っている。


☆☆さんのツイート
一周忌ということでじいちゃんの墓に行ってきた!来たよ!と、じゃぁまた来るわ!の時に大きい雷!相変わらず寂しがり屋のじいちゃんらしい返事だったなぁ(笑)もう一年かぁ!元気にやってんのかい!


このように死んだら無なんてありえないですよね!
私の考えを最後に述べます

亡くなった人は死んでも生きています。それも生き生きと。
皆さんお墓参りでぜひ手を合わせ先祖と対話して下さい。きっといいことがあります。
タグ:お盆 お墓
posted by 佐々木寛太郎 at 16:55 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

御影石の石割り動画

原石割りの動画
木材と違いきの遠くなる作業を経て初めて石材店の工場に運んできます。
タグ:原石 加工
posted by 佐々木寛太郎 at 10:46 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

お墓参りと教育

P1030670-1.jpg
お墓と教育について
日本の伝統的文化のお盆。素晴らしい文化ですよね。
日頃なかなか会えない遠方の親戚などとも顔を合わせながらご先祖を偲んで手を合わせ
静かに今の自分と向き合うことのできる習慣。
それが日本全国が一斉に休みにまでなってしまうのだから、日本人の先祖を敬う気持ちはお盆の習慣もあり
世界的に見ても素晴らしい習慣なのではないでしょうか。

お子さんをお持ちの方にとっても、お盆時のお墓参り、これは一番の教育になるのではないでしょうか?

自分の先祖の話をする機会にもなりますし、今自分がいるのはご先祖からのつながりだと気づくことにもなります。小さい頃からお墓参りの習慣を持っているご家庭のお子さんは少しづつでも先祖を親を敬い気持ちが芽生えやすいのではないかと考えています。

自分たちがお墓参りなんてしない!死んだら人間はなんもわからん という姿勢でいた場合、その息子さん娘さんは親を最後まで敬い大事にしてくれるでしょうか? 亡くなった後きちんと供養し時に思い出してくれ、その話を孫にしてくれるでしょうか?

話は飛躍しましたが日本人の心としてお墓参りという習慣はこれからもあって欲しいと思っております。
私の4歳と一歳の息子もお花に水を入れたり、手を合わせお参りするよう行なっております。
正直まだなにもわからないのですがそれでも続けていくことが大事ですね。
タグ:お盆
posted by 佐々木寛太郎 at 17:24 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

石材店に行く前に読む本 入荷しました

石材店に行く前に読む本 入荷いたしました

石材店といってもたくさんあるお店の中からどう選んでいいかわからない。良質なお店の条件などお店を選ぶ基準などを教えてくれる一冊になっていると思います

日本石材産業協会からの発行となっております
(お墓ディレクター資格)を行っているところです


1章から4章まで46ページの小冊子です
この本を読むことによって
・お墓とはどんなものか
・お墓を購入するときの注意点
・要注意な石材店を見分けるポイント
・信頼できる石材店の選び方
・お墓 墓地 の種類やそれぞれの特徴

などお墓を建てる前に知っておくと安心な情報が満載です

無料でお渡しいたします。
もしお読みになりたいと思いましたらお気軽にお問い合わせください。
また展示場に来ていただいた方にもお渡しいたしております
posted by 佐々木寛太郎 at 16:49 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

現代の墓石事情をブロードキャスターで放送 改葬・現代霊園など

先ほどTBSのブロードキャスターというニュース番組で、お墓についての放送されていて、思わずメモしていました。

地方のお墓を都会に改葬することについての放送でした。
地方の過疎化も進む一方、お参りに行くのもなかなか大変だということから、都会の霊園にお墓を移す方が増えているそうです。

しかしさすが本州。さすが東京。そのお値段にビックリです。
ある人はお墓の改葬に300万円、もう一人は800万円かかっているとナレーションが流れました。

私もお墓の仕事を始めてまだ日も浅いですが、もしかしたら北海道はまだ恵まれているのかなと思いました。

先ほどの金額の大半が霊園の土地代かと思われます。
現に詳しくは聞いてないですが、旭川のお墓を撤去して東京の霊園に移す方は畳1枚分くらいで土地代が800万円とお聞きしました。

旭川や北海道の霊園の土地代金相場とはかなり違います。10分の1以下?
敷地面積も北海道のほうが広くて。
それに離壇料とは初めて聞きました。しかも放送されていたのは300万円。

そう考えると住宅の土地や全ての土地代もかなり違うので当たり前なんですけど、思わず考えて比較してしまいました。

それと思い切った現代を象徴したおもしろい霊園が特集されてました。

女性専用の霊園みたいです。公園のような霊園に。お墓も小さめでキレイな西洋風の墓石が多かったです。テレビでちょっとしか写らなかったですけど、現代の事情を反映した霊園みたいです。

話は戻りますが、実際お墓の移設、建て直しで多いのが親戚・家族間のトラブルが多いようです。
一人一人お墓に関する考え方も違うようだからです。
たぶんどちらも正しいのです。
また核家族も多い要因の一つであるようです。


こういったようなことがブロードキャスターで特集されていたというだけで、私個人の考え方としてお墓は故人と家族を繋ぐ大切なものだと信じています。

もちろんこれからの時代変化はしていくと思います。

ただお墓を通じて先祖を敬うという気持ちを日本人として忘れたくないです。

最近はニュースを見ると悲しいニュースが多いと思います。家族同士でもうまくコミュニケーションが取れていないのが原因だと言われています。

お盆にはお墓に子供を連れて、家族でお参りし、ご先祖のためにお墓掃除、その中でのお墓を受け継ぐ責任感やご先祖様を敬う気持ちなど、本当に大切なことを学べる一つのコミュニケーションになると思います。

全てがお墓に結びつくかといえばそうではないと思いますが、お盆のこの時期に今一度ご先祖のお墓についてお考えになるのもいいかと思います。

私どももお客様の一つ一つのご要望をお聞きし、お応えしていきたいと思います。
posted by 佐々木寛太郎 at 23:29 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

お墓の移設【移石】現代の墓石事情をブロードキャスターが放送

先ほどTBSのブロードキャスターというニュース番組で、お墓についての放送されていて、思わずメモしていました。

地方のお墓を都会に改葬することについての放送でした。
地方の過疎化も進む一方、お参りに行くのもなかなか大変だということから、都会の霊園にお墓を移す方が増えているそうです。

しかしさすが本州。さすが東京。そのお値段にビックリです。
ある人はお墓の改葬に300万円、もう一人は800万円かかっているとナレーションが流れました。

私もお墓の仕事を始めてまだ日も浅いですが、もしかしたら北海道はまだ恵まれているのかなと思いました。

先ほどの金額の大半が霊園の土地代かと思われます。
現に詳しくは聞いてないですが、旭川のお墓を撤去して東京の霊園に移す方は畳1枚分くらいで土地代が800万円とお聞きしました。

旭川や北海道の霊園の土地代金相場とはかなり違います。10分の1以下?
敷地面積も北海道のほうが広くて。
それに離壇料とは初めて聞きました。しかも放送されていたのは300万円。

そう考えると住宅の土地や全ての土地代もかなり違うので当たり前なんですけど、思わず考えて比較してしまいました。

それと思い切った現代を象徴したおもしろい霊園が特集されてました。

女性専用の霊園みたいです。公園のような霊園に。お墓も小さめでキレイな西洋風の墓石が多かったです。テレビでちょっとしか写らなかったですけど、現代の事情を反映した霊園みたいです。

話は戻りますが、実際お墓の移設、建て直しで多いのが親戚・家族間のトラブルが多いようです。
一人一人お墓に関する考え方も違うようだからです。
たぶんどちらも正しいのです。
また核家族も多い要因の一つであるようです。


こういったようなことがブロードキャスターで特集されていたというだけで、私個人の考え方としてお墓は故人と家族を繋ぐ大切なものだと信じています。

もちろんこれからの時代変化はしていくと思います。

ただお墓を通じて先祖を敬うという気持ちを日本人として忘れたくないです。

最近はニュースを見ると悲しいニュースが多いと思います。家族同士でもうまくコミュニケーションが取れていないのが原因だと言われています。

お盆にはお墓に子供を連れて、家族でお参りし、ご先祖のためにお墓掃除、その中でのお墓を受け継ぐ責任感やご先祖様を敬う気持ちなど、本当に大切なことを学べる一つのコミュニケーションになると思います。

全てがお墓に結びつくかといえばそうではないと思いますが、お盆のこの時期に今一度ご先祖のお墓についてお考えになるのもいいかと思います。

私どももお客様の一つ一つのご要望をお聞きし、お応えしていきたいと思います。


posted by 佐々木寛太郎 at 23:24 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

いよいよお盆が間近ですね

まだ6月と思いますけれども、もうお盆まですぐですダッシュ(走り出すさま)
お盆に入ってしまうとお参りのお客様が大勢来られるので、どの墓地も工事できなくなりますふらふら
039.jpg078.jpgm2.gif
今の時期一番お盆までのお仕事が多くなりますグッド(上向き矢印)
それはもちろん大変うれしいことです手(グー)

文字彫刻やリフォーム、建て直しに新規建立それぞれ工事に期間要しますので、ご相談は無料ですのでご遠慮なさらずにお声をかけてくださいわーい(嬉しい顔)

またお盆にご先祖様のお墓をよく見直されてみるのもいいかもしれません目

普段気がつかないことも見えてくるかもしれませんexclamation×2
代々受け継がれていくものですので、メンテナンス一つで耐久性も変わってきます手(グー)

細かいことからご相談に乗りますのでよろしくお願いします決定電話
posted by 佐々木寛太郎 at 11:11 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

市営墓地の墓地用地

市の墓地に申し込んで、当てられた方是非一度、佐々木石材工業の展示場へお越しくださいぴかぴか(新しい)
また、あたった土地で気になることがありましたらごお気軽にご相談ください晴れ
その用地によって基礎も変えていかなければならないですし、その環境に合わせたお墓造りも考えております。

P1010002.JPG IMGP0277.JPG
最近の用地は2坪くらいが多い傾向にあります。4坪の土地だったものを二つに分割しているからです。佐々木石材旭川本店展示場には2坪タイプの墓石も展示しております。
来ていただいた方にふくろう置物プレゼントしておりますぴかぴか(新しい)

佐々木石材工業本家ホームページhttp://sasaki193.jp
posted by 佐々木寛太郎 at 09:35 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。