検索
 

2015年10月02日

お墓の花彫刻は佐々木石材におまかせ

花彫刻は佐々木石材の得意とするところです。
といっても得意なのはこの方
彫刻部 部長 池田幸規.JPG
彫刻部 部長 池田さん
今回はチューリップ
IMG_1766.jpg
まず彫刻を施す箇所にイラストの紙をあてバランスが整うまで大きさを調整。
IMG_1770.jpg
カッティングシート(ゴム)に写し切り取る。残す箇所と彫刻する箇所で計算する。
IMG_1773.jpg
彫刻完成。

hp 104.jpg
こんな機械の中に両手をツッコんで彫っています。
エアーで高速に砂鉄を吹き付けて彫刻してます。

このようにほとんど手作業なのです。石は硬いので機械の全自動化はまだまだ先の話です。
posted by 佐々木寛太郎 at 09:30 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

考えさせられた「よくお金を使う町は?」のランキング番組

この間テレビで「お金をよく使う町はどこ?」というランキング形式のタカトシさんの番組が放送されてました。
1位は富山市!
意外です。都会ではないんですね。

富山市民に街頭インタビューをすると
富山市民はとにかく見栄っ張りと自分たちで言ってました。
結婚式は豪華に。隣がいい車庫建てたら、隣より高い車庫を買い。
スーパーのレジで待っている人のバックはほとんどルイ・ヴィトンだとか。

しかし番組が進むにつれて、富山市民の本当の市民性がわかってきました。

IMG_1406.jpg

富山市民は子どもや家族にたくさんお金を使う町だったのです。

IMG_1407.jpg
IMG_1408.jpg

なので国内旅行の行動者率ランキングでは1位
IMG_1404.jpg

生命保険の保険金額 東京に次いで2位
IMG_1403.jpg

墓石・祭具などの年間支出額ランキング1位
IMG_1402.jpg

家族・先祖を大事にする市民性なのですね。
番組の中では1千万超えの仏壇や金額忘れましたけど、孫が生まれたらお神輿を買ってました(笑)

IMG_1409.jpg

家族のための出費には惜しまないのでしょう。
IMG_1420.jpg
IMG_1411.jpg
IMG_1419.jpg

そのためこれは県のランキングですが

離婚率は47都道県中44位。全然離婚しないんですね。
IMG_1417.jpg

また3世代同居率も5位。
IMG_1418.jpg

北海道のランキングが気になりだしてきました。たしかすごく離婚率高かったような。

IMG_1416.jpg
IMG_1415.jpg
IMG_1414.jpg
IMG_1413.jpg
IMG_1412.jpg

番組の締めは富山市は家族の絆・ご先祖様を大事にする文化がある町。とまとめていました。

IMG_1421.jpg
IMG_1422.jpg

素敵な町ですね。自分の住んでいる北海道や旭川市も気になります。

富山市民は家族の為にさらにご先祖様に行動を起こすことができる市民。
それが当たり前の市民なんですね。


逆にお金があっても家族の為にご先祖様のために使わないのであれば何のためのお金?とたぶん本気で思っているのでしょう。たしかにそうですね。

家族をご先様を大事にすることを考えさせれられるいい番組でした。
posted by 佐々木寛太郎 at 11:20 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

お墓のリフォーム 建て替え編

今回はお墓のリフォーム 建て替え編です。
お墓のリフォームで多いのはお墓本体を再利用して、基礎や外柵関連をリフォームする場合も多いですが
今回は基礎コンクリートはそのままに(内側にはベタコンを入れました)お墓を新しくしてのリフォームです。

IMG_0338.jpg
IMG_1290.jpg
もともと特殊なお墓で、土の上に乗っけているお墓なのでよく傾きます。北海道にはあまり適さない
お墓でした。
そちらをベタコンを入れ従来型の和型墓石を設置いたしました。水子地蔵は元々設置してあったものです。

IMG_0340.jpg
IMG_1292.jpg

IMG_0377.jpg
IMG_1291.jpg

現在ご自分の家のお墓で少しでも改善したい箇所あればお気軽にご相談下さい。
佐々木石材工業
posted by 佐々木寛太郎 at 09:25 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

お盆のお墓参りin旭川

2週間も前になりますが、お盆のお墓参りを家族、子供たち&ワンちゃんで行ってきました。

前回の記事お盆前のお墓掃除タイムラプス動画のお墓です。

過去このブログの写真を見返すと変化がありますね。
original.jpg
P1030670-1.jpg
IMG_7793.JPG
IMG_6971.JPGIMG_6985.JPGIMG_6980.JPG
子供が1人から2人最後に3人。
それもこれもご先祖様のお陰です。
これからも増えるでしょう。妹夫妻に2人の子供もいます。弟も20代で独身ですし。

祖父は短命(享年61才)でしたがひ孫たちにお参りされて喜んでいるかなと思います。
自分が死んでも自分のDNAは続いていく。ある意味生きていることになりますよね。

死んだら終わり 死んだ後のことはわからないし。死んだらどこかに撒いてくれ。
死んだ人間に金を使うな大事なのは生きてる人間。
なんてことを言われる方が大変多いです。


その度にNOを突きつけてますが、話せばわかります。
たとえ代々そういうお考えの一族であっても自分の代からはご先祖について正しく子供、お孫さんに伝えれるような大人になりましょう。
それがなによりも子供たちのためです。

宗教よりも大事な先祖供養。
日本では仏教や神道の伝達前から各地域ごとに先祖供養、先祖祭祀の風習はありました。
宗教よりも先なんですね。

先祖が一番の味方です。お墓が一番のパワースポットです。
posted by 佐々木寛太郎 at 09:38 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

中学時代の友人のお墓

中学時代の友人のお墓を建てさせていただくことになりました。

大学時代に聞いた悲報。通夜で見た顔は今でも覚えております。

10年の時を経て、彼のお墓の製作に携われるのは嬉しいです。

ただ、彼のお母さんと打ち合わせをしている時、『息子も生きていればこんな感じに成長してたんだね』
と言われた時はお互いが目頭が熱くなり、こみ上げてくるものがありました。

彼のお墓はこれからですが、

今まで建てたことのない、お墓をお花でかこむガーデニング墓石。

きっとお花のいい香りが漂ういいお墓になります。

ご両親、ご兄弟の想いが込められております。

完成したら、中学の同級生に声をかけて、お参りしてくれる人を増やしていけたらと思います。
posted by 佐々木寛太郎 at 16:55 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

お盆のお墓参りin留萌

母方の実家のお墓にお参りに行きました。
海水浴も行きましたが、やっぱり少し寒いですね。
でも背中が真っ赤になるくらい焼けてしまいしました・・・。

さて留萌のお墓参りですが、子供たちも進んでお手伝いしてくれます。
IMG_6931.jpg
IMG_6942.jpg

墓誌に関心が向いたのか、じっと見ていたので

IMG_6933.jpg
IMG_6937.jpg

すかさず『ひいおじいちゃんとひいおばあちゃんだよ』『ばあばのお父さんとお母さんだよ』
教えてあげます。

たとえ苗字が違えど、血が継っていくのを祖父母が確認していただければそれだけで嬉しく思ってくれてるのではないかなと思います。
IMG_6939.jpg
IMG_6940.jpg
IMG_6957.jpg
IMG_6946.jpg

私もひ孫にお墓参りされたいです。
posted by 佐々木寛太郎 at 11:45 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

お墓参りのお返し

ある休日に知人のお墓参りに行った。

その霊園周りは球場やレジャースポットがあるので霊園に着くまで大渋滞。自宅から霊園まで4時間半くらいかかったと思う。
結局子供と約束していたレジャー施設には行かれずお参りだけで一日で終わってしまった。

でも子供が行きたがっていたので次の休日にまたレジャー施設目的でそこまで行った。
(すごい早起きで今度は渋滞にはひっかからず)折角だからとお墓にも寄ってちょっとお参りしてすぐに近くのレジャー施設へ。

混んでいたけれどまあまあさびれた所なのですぐに目的の所へチケットを買いに並んでいたら、おもむろにカップルが寄ってきて
「良かったらこのチケット期限がすぐだし私達はもう使わないので差し上げます」と株主招待券を差しだした。

こちらはびっくりして恐縮して「無料では申し訳ない」と500円で譲ってもらった。
親子3人だと結構な値段になっていたはずなので本当に嬉しかった。

夫も自分も故人が遠くからお参りに来た自分達にお返しをしてくれたのだと思っている。

ありがとうございます、○○さん。息子は恐竜に大喜びでしたよ。また今年中にお参りさせてもらいますね。

出典http://kimyo.org/4232
posted by 佐々木寛太郎 at 07:00 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

神社の玉垣洗浄と補修工事

IMG_0847.JPG
この度、鷹栖神社の玉垣補修と洗浄、スミ入れを承りました。
すごい広い敷地に玉垣がずらーっと並んでおります。
40年以上前に当社で施工させて頂いていました。上川神社も同じく施工せて頂いておりました。
私は勿論生まれてませんし。社長や専務も小学生の頃の記憶らしいです(笑)

今回、大変なのが洗浄です。苔や木の樹液などで付着して長い年月の汚れはちょっとやそっとでは落ちません。
お話しを頂いた時にはまず落ちるかどうか不安でしたので
とりあえず実験洗浄を私一人で行ってみました。
特別な洗浄液をジャバジャバと塗りこすっていきます。
すると
神社.png
このように見事に綺麗になりました!

これでイケると確信し、佐々木石材フル動員で洗浄こすり上げていきました。

すごい広い敷地なんです。支柱だけで274本。間の袖石も含め、さらに裏表。
IMG_0860.JPG
IMG_0859.JPG
IMG_0858.JPG

こちらもビフォー
IMG_0854.JPG
IMG_0853.JPG

アフター(スミ入れ前)
IMG_0863.JPG
IMG_0862.JPG

実験した時は一部でしたので当然大変です。
でも人数がいれば、やりながらもゴールは見えてくるので良かったです。

補修工事もあります。ヒビや割れている箇所を交換していきます。
IMG_0850.JPG
IMG_0851.JPG

裏も綺麗になりました
IMG_0864.JPG

ビフォー
IMG_0495.JPG

アフター
IMG_0867.JPG
スミ入れもしてバッチリ

40年の時を経てメンテナンスさせていただきました。
先代の祖父が施工した玉垣だと思うと考え深い物があります。

こういうお仕事も佐々木石材工業では可能です。
今後ともよろしくお願いします。

posted by 佐々木寛太郎 at 08:00 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

お盆前のお墓掃除タイムラプス動画

iPhone標準カメラ機能の1つタイムラプス動画を撮ってみました。
おじいちゃんのお墓掃除を撮ってみたらどうなるのかなと撮ってみたところ
結構しっかり掃除してたのに手抜き掃除みたいに見える。。。
早回しみたいなもんですからね。
実際は30分以上は時間かけてますよ(笑)
posted by 佐々木寛太郎 at 10:42 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

お盆玉ってご存じですか?

とっても良いことなので是非もっともっと
認知されて欲しい。
お盆玉.jpg
過去記事新習慣!?【お盆玉】がもたらす効果を考えてみた

佐々木寛太郎
posted by 佐々木寛太郎 at 09:57 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

毎日石を切ってます。

最近では中国輸入に頼りっきりの石屋さんも多い現状ですが。
当社は毎日石を切ってます。

でも石って硬いです。
一般の人は木材を切る感覚で考えていらっしゃいますけど、全然スピード違います。
私も見ていて歯がゆくなるスピードです。
でもちゃんと工場の従業員はその間に別な石を磨き、寸法を計算したりやることは沢山あります。
posted by 佐々木寛太郎 at 17:59 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

【名言】アンドリュー・カーネギーの墓碑に刻まれた文章

アンドリュー・カーネギーとは?
カーネギー.jpg
アンドリュー・カーネギーは、スコットランド生まれのアメリカの実業家。崩れ行く橋を見て着想を得てカーネギー鉄鋼会社を創業し、成功を収めて「鋼鉄王」と称された。立志伝中の人物であり、ジョン・ロックフェラーに次ぐ史上2番目の富豪とされることが多い。Wikipedia

お墓の写真はカジポンマルコ残月さんのHPにてご覧になれます

それでは本題の
アンドリュー・カーネギーの墓碑に刻まれた文章はこちら

【己より賢き者を近づける術知りたる者、ここに眠る。】
【Here lies one who knew how to get around him men who were cleverer than himself.】


深いですね!自分が一番すごいんだ!ってことではないんですね。
あくまで周りのお陰だ。自分より賢き者達のお陰だと言っているんですね。
つまりアンドリュー・カーネギーは一流の人探しが旨い人でもあったんですね。
さらに一流の人達から支えられるというのは
アンドリュー・カーネギーの人徳や人柄が大いに関係しているのでしょう。
そういう人でないと人はついてきませんよね。

すごく考えさせられるアンドリュー・カーネギーの墓石に刻まれた文章でした。
タグ:供養 偉人 名言
posted by 佐々木寛太郎 at 11:58 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

古代エジプト美術の世界展行ってきました。

以前 旭川で古代エジプト美術の世界展が開催されてるので行ってみたいと言っていた旭川の古代エジプト美術の世界展行ってきました。
001.jpg(画像 公式HPより)
日曜日も仕事でしたが4時から何もなかったので、子供3人と奥さんと行ってきました。
IMG_9635.jpg
私は昔からエジプトやピラミッドにロマンを感じるのですが、
やはり子供たち(奥さんを含む)にはロマンを
感じてはもらえなかったようです

私が感じたことは主に
1 古代のエジプト人の死に対する考え方
  死んだ後の復活を強く望んでいます。

sec3-140.jpg(画像 公式HPより)
2 太陽を信仰してる。
3 石ってやっぱり凄いな〜。
  いいなと思った石像は紀元前775年のもの。
  2790年前に加工した御影石が綺麗に出土される。
  2790年間も変わらず保っていられる素材。石ってやっぱり凄い。
人類が滅亡しても石でできたものだけは地球に残り続けるかもしれませんね。

sec3-145.jpg(画像 公式HPより)
上の【授乳する女王あるいは女神の彫像】
赤の花崗岩(御影石)で作成されています。
読むと『その色から太陽=神を暗示させようとしたとも考えられる。』
古代エジプトでは色にはそれぞれ意味があると書いてました。

でも覚えてるのは赤=太陽のみ
赤御影で造られてものは太陽の力を纏うという考えと書かれていました。

最近は当社でも赤やピンク、茶系の御影石を使用する墓石も増えてきております。
IMG_4916.JPGIMG_4031.JPGIMG_0275.JPG_MG_5722.JPGIMG_2280.JPG

以前 オベリスクといういわゆるピラミッドの一種のお墓を建立させていただきました。
それはグレー御影石でしたが
090618_135506.jpg
oberisuku.jpg
(写真はフランスのオベリスク)

今後、赤系の石でオベリスク建てさせていただけたら意味合いもしっかり込められて(ピラミッド+太陽)
子孫は未来永劫続いていけるのではないかなと思ったりしています。
古代のロマンをご自分のお墓に取り入れたいと考えている方、ぜひ語らいましょう(笑)

わーい(嬉しい顔)古代関連の過去の佐々木石材ブログ記事はこちら
1古代人は巨石をいかにして運んだか
2ロゼッタストーンから墓石の文字彫刻を考えた
3石屋から見た NHK謎の古代ピラミッド 〜発掘・メキシコ地下トンネル〜
4アブ・シンベル神殿の移設方法が半端ない【パート1】
5アブ・シンベル神殿の移設方法が半端ない【パート2】
6ピサの斜塔の面白い話し
7巨石の謎シリーズその1 どうやって運ぶつもりだったの
posted by 佐々木寛太郎 at 12:08 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

Facebookもよろしくお願いします

Facebook1.jpg
佐々木石材工業Facebookページ
もしFacebookをやっている方がいらっしゃいましたら、お仕事させて頂いてるに関わらず
イイね!を押していただけると励みになります。
よろしくお願いします。

posted by 佐々木寛太郎 at 10:00 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

馬頭観世音菩薩

現在、神居墓地に隣接する回向院さんというお寺さんの敷地内で修繕工事しております。
IMG_9371.JPG
馬頭観世音菩薩
馬頭観音(ばとうかんのん / めづかんのん)、梵名ハヤグリーヴァ (हयग्रीव [hayagriiva])は、仏教における信仰対象である菩薩の一尊。観音菩薩の変化身(へんげしん)の1つであり、いわゆる「六観音」の一尊にも数えられている。柔和相と憤怒相の二つの相をもち、日本では柔和相の姿はあまり知られておらず作例も少ない。そのため、観音としては珍しい忿怒の姿をとるとも言われ、通例として憤怒相の姿に対しても観音と呼ぶことが多いが、密教では、憤怒相の姿を区別して馬頭明王とも呼び、『大妙金剛経』(大正蔵:965)[1]に説かれる「八大明王」の一尊にも数える。
Wikipedia参照

IMG_9372.JPG
あれこの馬頭観音 日本でも珍しいと言われてる柔和相の馬頭観音様なのでは?

完成したらお顔をもっと近くで撮っきます。
posted by 佐々木寛太郎 at 18:50 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

2015年5月 大雪霊園

4月も天気もよく基礎コンクリートは順調に出来上がってきてます。
今年も大雪霊園で4月に自由区の基礎を4つ打ちました。
4月末にもう1件ご契約いただきましたのでまた1つ基礎を打ちます。
規格は2基、墓石を建て終わりました。
本日、自由区一基 墓石建て終わりました。

IMG_9019-1.jpg
佐々木石材工業は数えたのが最近なんですけど
2年連続 大雪霊園の建立数がbPです。
合計110基近くの自由区の実績があります。

先ほどの4月末にご契約頂いた方は
大雪霊園で実際に建っているのを見てきて当社に決めて頂いたようです。
10年以上建った墓石で当社と他社を比較されてとのことでした。
嬉しいです。
ちゃんと見てくれてるのですね。
余計にサービスしちゃいました(笑)


posted by 佐々木寛太郎 at 15:58 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

旭川で古代エジプト美術の世界展が開催されてるので行ってみたい

main-banner-2nd.jpg

行ってみたいです。時間があれば子供たち連れて行きます。

諸説ありますがピラミッドはお墓!

通じるものがあるはずです。

過去にピラミッドや神殿関連でブログ書いてます。
こちらからどうぞ
posted by 佐々木寛太郎 at 15:47 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

中国のお墓事情

中国のお墓事情
すさまじいですね。

こちらは日本の北海道、旭川近郊での市町村営墓地の平均価格は3坪9uで1万円です。
管理費などもかかりません。

中国だとそれがA4サイズで160万円(゜o゜;
まあ一部の都市部の話だと思います。
メディアでいいかただと中国全土に聞こえてしまいますね。

IMG_8343.jpgIMG_8344.jpgIMG_8346.jpgIMG_8347.jpgIMG_8349.jpgIMG_8352.jpgIMG_8353.jpgIMG_8356.jpgIMG_8355.jpgIMG_8358.jpgIMG_8359.jpgIMG_8360.jpgIMG_8364.jpgIMG_8363.jpg

日本のお墓との違い(北海道)
土地代は市町村墓地で約一万円 民間霊園や町営霊園でも30万から70万
中国は年収100万に対してA4サイズで160万円・・・。管理費10万円・・・。

お墓に入るお骨も日本だと代々入ることができますし
家族のお話し合いで分家も本家もなく入れるように変わってきました。
したがって入れる人数、計測不能。(きちんと土に還るようにしている場合)


中国の場合
1名から2名しか入れない個人墓が風習。
人口の多い国で
しかも儒教でファミリーの絆が強い国なのに
そこは効率とてつもなく悪いですね。

比較してわかったことは
日本人のお墓は世界でもとても効率のよいお墓になります。
一生に一度の買い物ではなく数世代に一度の買い物なのです。
ちょっと息子が離れて暮らしてるだけで【墓じまい】なんてもったいないですよ。

posted by 佐々木寛太郎 at 16:16 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

東北の仏像 宝積寺 六観音立像

以前も記事にしました
東北の仏像 水子地蔵編の続きです。

今回は宝積寺の六観音立像です。
では普通の六観音立像はこちら

六観音2.JPG
六観音.jpg
聖観音 千手観音 馬頭観音 十一面観音 不空羂索観音 如意輪観音 

それでは東北の宝積寺 六観音立像はこちら
IMG_6738.JPGIMG_6739.JPG

手が2本しかなくても千手観音
顔が1つでも十一面観音
馬の頭がのってなくても馬頭観音


IMG_6732.JPGIMG_6734.JPG
IMG_6733.JPG
テレビではこの時代この地域には仏師がいなかったらしい
それでも西から伝わってきた仏教の教えの祈りの象徴を自分たちで造ったのだと言ってました。
信仰の対象はこれでもいいと思います。
信仰の気持ちが大事であって
仏作って魂入れずということばがありますが、これらは反対ですね。
魂がたくさん入ってますね。
タグ:仏像 供養
posted by 佐々木寛太郎 at 14:39 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする