検索
 

2017年01月19日

旭川市での合葬について

合葬・散骨についてしっかり考えるためのチェックポイント

1 合葬墓というものをちゃんと理解してますか?
・お骨は個人別に分けられない 一箇所に混ざり合う
・もちろん後から取り出せない
・刑務所の受刑者 生活保護や孤独死、身元不明、ホームレス、受取拒否の人が入るところ
(この人達が優先的に無償に近い形で入れなければ社会保障でもなんでもなくなる)

2 雑誌、テレビのマスコミに騙されていませんか?
・遺骨にも魂が宿ってると考えがない(ただのゴミ?)
・散骨は全然流行っていない
・散骨しているのは一部分で残りはちゃんとお墓に納骨している
osoushiki_sankotsu.png
海洋散骨協会が全国8,000人の終活カウンセラーにアンケートを依頼、終活カウンセラーの友人・知人・家族・顧客などにアンケートしてもらい出た結果
■ 海洋散骨に参加したことがある 3% 海洋散骨に参加したことがない97%
■ 海洋散骨は知っていますか? 知っている93%

tv_director.png
知っていてもやりたくないのがアンケートでわかりますよね!
しかもアンケート対象が終活カウンセラーに近い人達でのアンケートなのに・・・
それなのにマスコミでは散骨が流行っている風潮の記事や番組が放送されます。
これっておかしくないですか?

合葬に関しても同じことがいえます
流行りで行うと一生後悔することになりかねません。

kenka_hair_boys.png
キッチリとした統計学で 若者の他者へのやさしさにお墓参りが影響をあたえるという
データもでております。
データとらなくてもわかりそうですが尾木ママが監修して中高生1300人に行ったアンケートです。

墓じまい、合葬したことにより、こんなこともあるかも
syukatsu_group_mensetsu.png
(例)墓じまいし、すっかりお墓参りという習慣がない家の子が
就職活動で面接官に
「最後にお墓参りをしたのはいつですか?」と聞かれ
答えられない、もしくは10年前と答えたこの子を採用するでしょうか?
もちろん同じくらいの能力がある子が隣りにいて、年に三回いってお掃除、お参りします 
と答えた子と比べてですが。

現にあるみたいです あと子どものお受験での面接でも子どもに聞くこともあるみたいです。
syukatsu_naitei_no_man.png
ある合葬墓でお参りをしている人たちを観察したことがありますが、
なんと平均お参りタイム90秒
そらそうです。別の家族もきますから。

旭川市では
・ご先祖様含めた家族の絆を薄くする政策
・墓じまいをして、旭川以外への人口流出の手助け
・道徳観念の低い若者を多くする政策
・日本人としての風習を薄める政策
・お墓を持っている人には全く意味のない多額の税金の支出

ということを深く考え、自覚しているでしょうか?

私は旭川市をご先祖様思いのやさしい市民性になっていけたらなと思ってます。


タグ:合葬 合葬墓
posted by 佐々木寛太郎 at 10:34 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旭川の墓地 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。