検索
 

2016年09月11日

お釈迦様が自殺しようとしてる人に語った言葉すごい

釈迦.jpg
橋の上で石を投げている娘がいた
釈尊(お釈迦様)は自殺をしようとしていると分かり娘に理由聞いた
娘はその人がお釈迦様だとわかり全てを話した
好きな男に捨てられてお腹にいる子どもが不憫でならないからいっそ自殺しようと思っていますと言った
お釈迦様は哀れみを感じて娘に例え話をした
荷物がいっぱいある荷物をひいている牛がいた
牛はなんで俺は毎日つらい思いをして荷車をひいているんだ
毎日毎日もう嫌だと感じで荷車を壊せばつらい思いをしなくなると重い勢いよく走って崖に打ち付けて荷車をこっぱみじんに壊した
荷車の主人はなんて狂暴な牛なんだ
また壊されてはかなわぬとこう鉄製の荷車を作った
牛は以前より何倍も重い荷車をひくことになり後悔したという
人間も同じで体は荷車のようなものだと
自殺すれば今よりもつらい現実に直面するから精一杯生きなさいと娘に諭して娘は幸せな一生を送った


こちらも合わせてお読みくださいお釈迦様の名言シリーズ


タグ:仏教 釈迦
posted by 佐々木寛太郎 at 09:23 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教豆知識 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。