検索
 

2015年05月30日

馬頭観世音菩薩

現在、神居墓地に隣接する回向院さんというお寺さんの敷地内で修繕工事しております。
IMG_9371.JPG
馬頭観世音菩薩
馬頭観音(ばとうかんのん / めづかんのん)、梵名ハヤグリーヴァ (हयग्रीव [hayagriiva])は、仏教における信仰対象である菩薩の一尊。観音菩薩の変化身(へんげしん)の1つであり、いわゆる「六観音」の一尊にも数えられている。柔和相と憤怒相の二つの相をもち、日本では柔和相の姿はあまり知られておらず作例も少ない。そのため、観音としては珍しい忿怒の姿をとるとも言われ、通例として憤怒相の姿に対しても観音と呼ぶことが多いが、密教では、憤怒相の姿を区別して馬頭明王とも呼び、『大妙金剛経』(大正蔵:965)[1]に説かれる「八大明王」の一尊にも数える。
Wikipedia参照

IMG_9372.JPG
あれこの馬頭観音 日本でも珍しいと言われてる柔和相の馬頭観音様なのでは?

完成したらお顔をもっと近くで撮っきます。


posted by 佐々木寛太郎 at 18:50 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。