検索
 

2015年04月17日

中国のお墓事情

中国のお墓事情
すさまじいですね。

こちらは日本の北海道、旭川近郊での市町村営墓地の平均価格は3坪9uで1万円です。
管理費などもかかりません。

中国だとそれがA4サイズで160万円(゜o゜;
まあ一部の都市部の話だと思います。
メディアでいいかただと中国全土に聞こえてしまいますね。

IMG_8343.jpgIMG_8344.jpgIMG_8346.jpgIMG_8347.jpgIMG_8349.jpgIMG_8352.jpgIMG_8353.jpgIMG_8356.jpgIMG_8355.jpgIMG_8358.jpgIMG_8359.jpgIMG_8360.jpgIMG_8364.jpgIMG_8363.jpg

日本のお墓との違い(北海道)
土地代は市町村墓地で約一万円 民間霊園や町営霊園でも30万から70万
中国は年収100万に対してA4サイズで160万円・・・。管理費10万円・・・。

お墓に入るお骨も日本だと代々入ることができますし
家族のお話し合いで分家も本家もなく入れるように変わってきました。
したがって入れる人数、計測不能。(きちんと土に還るようにしている場合)


中国の場合
1名から2名しか入れない個人墓が風習。
人口の多い国で
しかも儒教でファミリーの絆が強い国なのに
そこは効率とてつもなく悪いですね。

比較してわかったことは
日本人のお墓は世界でもとても効率のよいお墓になります。
一生に一度の買い物ではなく数世代に一度の買い物なのです。
ちょっと息子が離れて暮らしてるだけで【墓じまい】なんてもったいないですよ。



posted by 佐々木寛太郎 at 16:16 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。