検索
 

2015年02月03日

東北の仏像 水子地蔵編

IMG_6724.JPGIMG_6725.JPG
NHKの放送を見て仏像の特集がありました。
これは東北地方の水子地蔵に近いもの。
一般的な水子地蔵とは全く違いますね。

これには意味があるそうです。

地獄思想の中には三途の川というものがありますよね。
その中で言われていることは親より先に死んだ子供は三途の川で石を積み上げなければいけない
積み上げては鬼が来て崩され、積み上げては鬼に崩されるという無限の苦しみがまっている
と言われていました。

それを救うのがお地蔵さんであり水子地蔵であるのですが、東北地方で仏教に関してあまり詳しくない人々は
自分の子供を可愛い鬼にして、『人間じゃないよ可愛い鬼の子供だよ。だから鬼さん遊んであげてね』という気持ちを込め、お参りしていたらしいです。

これによって気持ちも楽になるだろうし、お参りする対象があることは大変良いことですね。
このような親の気持ちを考えると、一見なんだこれと思う鬼の彫り物ですが、深い意味を感じる考え深いものがあります。



posted by 佐々木寛太郎 at 10:13 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。