検索
 

2014年11月05日

石屋から見た NHK謎の古代ピラミッド 〜発掘・メキシコ地下トンネル〜

写真 2014-10-26 21 48 54.jpg
ふとテレビのチャンネルを回していると目についたNHKで放送されていた
謎の古代ピラミッド〜発掘・メキシコ地下トンネル〜

メキシコの世界遺産テオティワカン。紀元前100年〜紀元650年頃まで、世界でもたぐいまれなる高度な石の文明を築きながら突然、消えた謎の文明。その謎の文明の一部が今年明かされようとしている。

写真 2014-10-26 21 44 16.jpg
NHKで放送されるピラミッドや古代遺跡物が大好きな私は引っ越し荷造り最中にも関わらず見入ってしまった。

なんでも2003年に偶然ピラミッドの前で穴が空いたらしい。そこには人工のトンネルが広がっており
メキシコの研究者は2009年から発掘調査を開始した。


そこで今回とても重要な発見、世界史的なスクープに対しNHKのカメラも初めて入った。

石像が6体発見された、同じ方向を向いて建っていたのではないかと推測されその石像の見つめる先から木棺が発見された。
写真 2014-10-26 21 34 26.jpg
テオティワカンでは高貴な人は火葬された可能性が高い。9月8日木箱の底から灰が見つかり、現在分析待ちだが『王』である可能性が高い。

つまり王墓を発見した可能性が高いのである。

写真 2014-10-26 21 36 29.jpg
さらにわかったこと地質調査でこの場所は地下水で満たされていたということ。
地下に湖のように水が広がっており、その中に王の墓が会ったのではないかとされている。


写真 2014-10-26 21 42 18.jpg
地下の湖は冥界を表しているという。
写真 2014-10-26 21 40 22.jpg
写真 2014-10-26 21 41 56.jpg
太陽が沈み 冥界(トンネル)を通り またピラミッドから太陽が復活するといった生と死の象徴だったのです。

写真 2014-10-26 21 42 24.jpg写真 2014-10-26 21 42 31.jpg写真 2014-10-26 21 42 37.jpg


発見のまとめ
1 装飾品や石像が見つかる
2 石像の見つめる先に木棺が発見され遺灰がでてきた
3 地下は地下水で満たされ冥界を表していた

まず石屋として考えたことは石ってやっぱりすごいなということ紀元前の建築物が今もなお健在。
どんなに立派なビルもコンクリートなどの人工物。2200年持ちますか?持たないでしょ?
どんなに文明が滅びても石だけは無くならないですね。

あとは当たり前ですけど死者を祀るということが行われていた。これは現代人も考えなおさなければ行けませんね。少数派ではあると思いますけど今はいかに簡単に葬儀を終わらせるか、散骨して終わらせるかといった
方が増えてるのは残念ですね。

古代の特に石に関するのが大好きです
過去の記事
■ロゼッタストーンから墓石の文字彫刻を考えた

■古代人は巨石をいかにして運んだか


佐々木寛太郎


posted by 佐々木寛太郎 at 16:18 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。