2014年08月29日

墓石の図面

墓石の図面制作の様子
写真 1 (3).JPG
写真 2.JPG
写真 3.JPG
皆様のご要望を取り入れたお墓づくりを行っております。
もちろんプロのご意見も述べさせて頂き一緒に作り上げていきます。

ぜひご相談下さい。
posted by 佐々木寛太郎 at 09:02 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | お墓の建てる時期 | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

新習慣!?【お盆玉】がもたらす効果を考えてみた

私はお盆玉という言葉をついさっき初めて知りました。
それと同時に私は『なんて素晴らしいものだろう』『これは日本の新習慣になってもいいのでは?』と強く感じた。
お盆玉.jpg
その理由の前にお盆玉とは?
・いわゆるお盆の時期8月12日〜16日の期間に孫などに渡すお小遣い
・お年玉みたいにポチ袋に入れる
・今年から郵便局でもお盆玉の袋の取り扱いを始める
・実は江戸時代に山形県の一部地域にあった習慣。当時はお金ではなく、衣服や下駄を渡していたが、昭和初期頃に子どもにお小遣いをおくる習慣になった。

ここでお盆玉の効果を考えてみた
1 まずは日本経済全体としてこのお盆玉が新習慣になれば、祖父母世代の眠っているお金が最も消費するであろう孫世代に流れる。日本経済も良くなるはず。
2 お盆玉欲しさに孫世代が祖父母の家に行きたがるようになる。飛行機やJR、レンタカー、観光地の活性化も促進。

ここからが個人的に一番期待していること
3 お盆玉目当てできた孫世代も、お盆に祖父母の家にきて、先祖のお墓参りに行く習慣を自然に身につけさせることができる。餌(お金)で釣るわけではないが子供のうちはこれでOK。お墓参り=良いことがあるの意識付けこれが大事なんです。

さらに『お盆玉はじいじ、ばあばからじゃなくご先祖様からだよ』
ここまで言える祖父母になってほしい。(切実)

これが言えるとすごくカッコいいと思います。泣く泣く大変だけど出してるなんて祖父母に言われたら、貰う孫世代もうんざりしてしまいます。

4 お盆のお墓参りで先祖に対する感謝の気持ちが孫世代に芽生える。自然と個人主体の考えから、先祖からのつながり、家族の絆を意識できる大人へと成長していく。
とある刑務所の受刑者の98%がお墓参りをしたことがないという事実があります。
それでもあなたは散骨にしますか?(ホラー風)このお話しはまた今度詳しくブログに書きます。
img_223254_61672874_0 (1).jpg
というように良いことがたくさんあるお盆玉が新習慣になりますように。
おじちゃん、おばあちゃんも孫がたくさんいると大変だろうけど、そこは未来への投資だと思ってお願いします。

お墓ディレクター
佐々木寛太郎
posted by 佐々木寛太郎 at 11:27 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

お墓の改葬

お墓の改葬をお考えになっている方も多いのではないでしょうか?

当店でも毎年たくさん行っておりますが

今年は名寄市→旭川市 だったり 南富良野町→旭川市にとお墓の改葬(お墓のお引越し)を行いました。

みなさんお墓が近くなってお参りも笑顔で行えますね。

お遺骨はキッチリ当店で移動させて頂いております。またお遺骨は完成までの間は当店で預からさせて頂いてます。

改葬許可申請などがネックだと思いますが、佐々木石材工業は改葬許可申請、墓石撤去申請も代行で行っておりますので、お客様には印鑑を押してもらうだけになります。

田舎のお墓をそのまま使いたい。または田舎のお墓は取り壊して、お骨を持ってきて新しいお墓を建てたい。どちらでも対応しております。
s-IMG_3393.jpg
南富良野町

s-IMG_4152.jpg
旭川市 観音霊苑
お墓はそのまま使用しております!

このように下回りが変われば、大分印象も変わると思います。
古いお墓も再利用することで新規の墓石と変わらないくらいになります。
ものは試しでご相談下さい。


牛イ々木石材工業
旭川市神居5条11丁目4-13
TEL 0166-61-1516
フリーダイヤル 0120-61-1483
posted by 佐々木寛太郎 at 17:31 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

札幌平岸霊園でのお仕事

先日札幌の平岸霊園でお仕事させていただきました。
古いお墓の解体から始まりましたが、旭川のお墓と違い完全に基礎コンクリートを隣と共有している
タイプのお墓でした。
隣のお墓に迷惑のかからないように最新の注意を払いながら基礎コンクリートをカッターで切っていきました。
お墓を外すのもトラックの入れない所なので二人で持ちながら運搬車におろしました。
救いだったのが、御影石ではなく軟石という石でしたので比較的軽いです。
s-IMG_3005.jpg
寸法を計る営業マン

s-IMG_3722.jpg
後日撤去
s-IMG_3724.jpg
墓石撤去
s-IMG_3727.jpg
基礎コンクリートをカット

後日新規の基礎コンクリートを打ちまして

s-IMG_0676.jpg
s-IMG_0748-1.jpg

s-IMG_0677.jpg
s-IMG_0747.jpg
完成しました。

バリアフリー型の洋型墓石にリフォームしました。

佐々木石材工業は旭川から北海道各地までお仕事させて頂いておりますので
ご連絡いただければお見積り、設計打ち合わせさせていただきます。
よろしくお願いします。


佐々木石材工業
北海道旭川市神居5条11丁目4-13
フリーダイヤル0120-61-1483
posted by 佐々木寛太郎 at 15:50 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌 平岸 里塚 | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

『墓マイラー』無料講演会を終えて 佐々木寛太郎日記

s-IMG_96691.jpg
今回、佐々木石材工業として初めて講演会というものをさせていただきました。
収益につながらなくても、やってみたいことでありました。
特に今回私が企画させて頂いたのでプレッシャーと責任が大きかったです。
s-IMG_96831.jpg
講演内容は世界の著名人のお墓をスクリーンで見ながら墓マイラーとして世界をまわられている
カジポンさんのお墓に関する独自の考えを話していただくといった内容でした。

自分に影響を与えてくれた偉人たちにお礼を伝えに行くそこから始まった墓巡礼は
世界51各国2000人にのぼります。
しかもすごい所は、人数を増やす目的で行ってないところです。
2000人ですが、一人につき何回も行かれます。夏目漱石は7回行ってるそうです。
アメリカのお墓でも2回以上行っています。
ですので2000人×2くらいの回数は行ってます。
IMG_96801.JPG
私から見ても今回のカジポンさんのお話しの内容はとても完成度高くて、感動するものだったり、タメになるものだったり、みなさんの先祖へのお参りにも影響をあたえるようなお話しだったと思います。

講演を終えて出口でお見送りしていたら、何人もの方に『貴重な講演でした。ありがとうございました』
と言われ感激しました。やってよかったと。
s-IMG_96821.jpg
企画して、会場を手配し、プロジェクターを購入し、チラシや広告、当日のセッティング、司会や挨拶など、どれも全て大変でしたけど、良い経験になりました。

普段お墓を建てるだけの仕事になりがちでしたけれども、石屋さんがお墓の素晴らしさを伝えていってもいいのではないかと改めて感じました。
これからもこういう講演会などイベントでお客様とのつながりを持っていたいなと感じました。
s-IMG_9688.jpg
全ての写真ピントあってなくてすみません。
一眼レフを素人の弟に預けたのが間違いでした(笑)
posted by 佐々木寛太郎 at 11:12 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
おすすめセレクション.jpg