2014年04月27日

ゴールデンウィークを北海道のお彼岸にしよう運動

まいりちゃんまいるくん
佐々木石材サブマスコットキャラクター
お墓参りが大好きな まいりちゃん まいるくん

ゴールデンウィークを北海道のお彼岸にしよう運動

個人的にそして勝手ですが、日々思っていること。
3月のお彼岸は北海道では厳しい。

ゴールデンウィークなら雪も解けて、暑くもなく気持ちがいい。
冬の汚れもたまっている。
これはお彼岸を北海道ではゴールデンウィークに持ってきていいのではないかと思いました。

もちろん、仏教的な意味合いは抜きにしてですけどわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

お盆とお彼岸じゃなきゃお墓に参らないのは、そもそも違うと思います。
ご先祖様に感謝し、自分もパワーもらって帰ってくるお墓参りは一年で何回行ったて構いません。

若い人もスマートにお墓参りできる大人になれると、カッコいいお思います。
どんなにいい大学でてても、墓参りできない、先祖に感謝できない人だと意味が無いと思います。

どうでしょうか?まずは西川旭川市長さん。先祖を大事にする豊かな心を大事にする市民それが旭川市民。といった街作りも革新的だと思いますけど。

あとは旭川市で霊園造って下さい。(切実)これについてはまた別の機会に書きます。
posted by 佐々木寛太郎 at 11:46 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

Twitter始めました

Twitter (1).png
Twitterを佐々木石材工業としてアカウントを作りました。
旭川の人や北海道の人ぜひフォローして下さい。
広くつながり色々な情報を共有できたらと考えております。

佐々木石材のTwitter内容はほぼ私、佐々木寛太郎の営業風景などがメインですが、道新広告など、見忘れたかとのために広告なども載せています。
なにはともわれTwitter初心者なのでわからないこともありますが、よろしくお願いします。

ダイレクトメールという第三者には見れない直接メールのやり取りをする機能もTwitterには
ありますので、お墓のことで、相談などありましたら、気軽にメール下さい。
posted by 佐々木寛太郎 at 11:19 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

ボクシング長谷川穂積選手の墓参り

写真 (1).JPG
長谷川 穂積(はせがわ ほづみ、1980年12月16日 - )は、日本のプロボクサー。兵庫県西脇市出身。真正ボクシングジム所属。元WBC世界バンタム級・フェザー級の2階級制覇王者。
バンタム級では5年間世界王座に君臨し、その間10度の防衛に成功。また、4度の年間MVPを受賞しており、超高速の連打と絶妙なカウンターパンチ、卓越したディフェンステクニックとスピードを誇る。

長谷川穂積選手は偉大なボクサーです。あまり格闘技は詳しくありませんが何度かTVを通して強いチャンピョンだと感じていました。
詳しくはウィキペディアで長谷川穂積


昨日のニュースでボクシングの長谷川穂積選手が集大成と位置づけた世界戦を行うと知った。
そのニュースの中で思わず反応した長谷川穂積選手のお墓参りの様子

前回 浅田真央さんのお墓参りでも述べたが、スポーツ選手にとってお墓参りはとても大切な要素なんだと改めて感じた。

お二人共若くしてお母さんを亡くされてますが、お墓の前で心を安らかにし、故人と対話をすることによって得られるものは大きいと思う。
母親って物凄く強い味方です。どんなパワースポットより母親のお墓だと思います。

それに試合前に「やるべきことやった」という精神状態まで持っていけると思います。
これは試合までの練習やコンディション調整だけではなく、ちゃんとお墓参りして、先祖の力も味方につけて、試合に挑む。これこそが最大の力を発揮する一種のルーティンなんだと思います。

さらにお母さんのお墓だけではなく戦国時代のご先祖様のお墓も参ってらっしゃいました。
WBCバンダム級前王者・長谷川穂積さん 先祖の肥田城主・長谷川秀一眠る崇徳寺に今夏訪問


お母さんがお亡くなりになった時のブログ
ご報告

当時こちらのブログの記事を読んでで多くの人が涙したと知りましたし伝わるものがると思いました。

そんな長谷川穂積選手、今日試合があるようで、応援したいと思います。
失礼しました。


タグ:お墓参り
posted by 佐々木寛太郎 at 17:39 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

神居墓地に一番近い石材店

旭川市の墓地の中で一番面積も広く歴史もある墓地といえば神居墓地です。
明治時代のお墓もちらほら伺えます。
旭川の街並みを見下ろすことのできる墓地ですね。

水場は全部で3箇所。左端、真ん中、右端にあります。右端のは見つけづらいですが・・・(^_^;)
ペットボトル持参の方が良い場合もあります。

[ここに地図が表示されます]


佐々木石材工業は神居5条11丁目です。
近いですので神居墓地の方はぜひご確認して下さい。
わからないことお墓探し、メンテナンス依頼何でもお聞きします。
posted by 佐々木寛太郎 at 09:43 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旭川の墓地 | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

北海道新聞4月17日 広告掲載させていただきました

4月17日広告.jpg

本日4月17日 北海道新聞 上川方面に新聞広告を掲載させていただきました。

広告の内容通り お墓のことでちょっとしたことでも何でもお聞き下さい。

北海道の場合、雪が溶けたらあっという間にお盆になってしまう感覚ですよね。

メンテナンスやクリーニングも行っておりますので、お気軽にお申し付け下さい。

牛イ々木石材工業
旭川市神居5条11丁目4-13
フリーダイヤル 0120-61-1483
posted by 佐々木寛太郎 at 09:42 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

旭川市でお墓を建てるなら



HPはこちら佐々木石材工業
posted by 佐々木寛太郎 at 11:07 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

浅田真央さんのお墓参り

浅田真央お墓参り.jpg
フィギュアスケート選手の浅田真央さん
お母さんがお亡くなりになられて2年以上立ちますが、大事な大会の前などは必ずお墓参りに行かれているようです。
とても素晴らしいことですね。きっと墓前でお母さんと対話しているのでしょう。
浅田真央さんの素晴らしい人格はこのようなお墓参りをしっかりできるところから形成されてると思いました。
またお墓参りは最高の供養ですし、お参りした人にもいいことが起こるものです。

これはお墓参りは幸せの交換だと思っているからです。先祖にお参りをして先祖は幸せな気持ちになり、先祖は子孫の悩みや願いを少しでも叶えてあげようと尽力します。結果、子孫も幸せになり、互恵関係が成り立ちます。

浅田真央さんはオリンピックの前でもお墓参りされたようです。
金メダルを墓前に約束したかもしれません。
しかしお母さんの力で持ってしても
スポーツですからどうしようもない運命もございます。


結果は残念でしたけれども、考え方次第です。

私が考えると
1 転倒はお母さんの力を持ってしても避けられなかった。
2 むしろ大怪我するところを転倒だけになんとかお母さんの力で留めた。
3 普通なら立て直せない精神力を翌日までにしっかり回復させる
4 フリーの完璧な演技で世界中を感動させる。
5 その後の世界選手権で優勝。
6 フリーの演技のポイントがギネス認定。


これらの全てにお母さんの力が加わっていたと考えると素敵になりませんか?

単純にお墓参りしたのに金メダル取れなかったじゃないかという心ない話にはならないと思います。

何でもそうです。お墓参りしたのに病気になったなら、本当はもっと悪い病気をご先祖様がなんとか、今の病気まで抑えこんでくれたと思うといいかもしれません。

私自身も胆石の発作がでて胆嚢を摘出手術を去年受けました。
考えようによって亡くなった祖父がこの程度に留めてくれた、もしくわ胆嚢癌になるところを胆石にまでリスクを減らしてくれたと思うようにしています。

そう考えると何にでも先祖に感謝できると思います。
ぜひ雪が溶けたらお墓参りしてください。

有限会社 佐々木石材工業
北海道旭川市神居5条11丁目4-13
佐々木寛太郎
タグ:お墓参り
posted by 佐々木寛太郎 at 09:25 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

ロゼッタストーンから墓石の文字彫刻を考えた

以前ビートたけしさんの番組でやってたロゼッタストーンの謎と経緯。

とにかく文字の解読が困難でそれに人生をかけた当時の人達の困難苦労を番組では紹介してました。

くわしくはロゼッタストーン ウィキペディア

私はそんな事よりすごいと思ったのが紀元前196年のものということ。

今から2210年前!!

石に文字を刻んでそれが2210年以上経っても現存しているということに!!

ロセッタストーンは花崗岩で出来ている。墓石に使われているのも花崗岩だ。

やはりどんなに文明が発達し、あらゆる記録媒体が生まれても、石に刻むには勝てない。

DVDに先祖の名前を保管しても何年持つでしょうか?規格が変われば見れなくなりますし、そもそもDVDが20年も持つかも怪しい。

何年か前に見たテレビ番組で人類滅亡のシュミレーションしていましたが、人類が滅びるとあっという間に
コンクリートなどの建造物は壊れていきニューヨークも木々が生い茂るジャングルになります。
そんななかでも石でできたものは最後まで残っていました。

古代の人たちから現代まで人は大切な生きた証を石に刻むのはとても理にかなった行為なんだと改めて感じました。

そんな素材なのですから、少し高いのもうなずけますよね(笑)

5B62B993-8C4D-49F2-9B84-19EEF044CFBE.jpgF4CEDB95-FB82-451F-A806-7BB4EC0F679A.jpg674A184D-4286-40C1-A538-D65B57074275.jpg5CD3A298-8A23-4E38-964C-573A3D1BCF60.jpg78544192-B99D-4B2B-90F1-514BC6A260D4.jpgBC77213E-0549-49EE-9A29-E00B7CA0F772.jpg
posted by 佐々木寛太郎 at 16:42 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
おすすめセレクション.jpg