2016年11月10日

TBS吉田アナがサンジャポで結婚を生報告! お相手の「一緒のお墓に入れるので…」の一言に

TBS吉田アナがサンジャポで結婚を生報告! お相手の「一緒のお墓に入れるので…」の一言に

一緒のお墓に.jpg
以下 引用

29日にブログで5歳上の一般男性と結婚したことを発表したTBSの吉田明世アナウンサー(28)が30日、進行アシスタントを務める「サンデージャポン」(日曜前10・0)に生出演し結婚を報告した。

 番組では27日に吉田アナがお相手と一緒に役所に婚姻届を提出しに行く場面を直撃した。お相手は一般男性であるとあって顔は伏せられたままだったが、2人は幸せいっぱいの様子。番組のリポーターから「結婚は人生の墓場だというが」という少々意地悪な質問が飛び出たが、お相手の男性は「一緒のお墓に入れるのでうれしく思う」と、力強い一言。これには吉田アナも「(幸せになるために)頑張ります」と決意を新たにしていた。

 この後、生放送のスタジオでも出演者全員が吉田アナを祝福。「いちアナウンサーでありながら貴重な放送時間を割いていただき、申し訳ありません。ありがとうございます」と感謝を示した。番組の最後には司会を務める爆笑問題、太田光(51)から「ずっと上の空だった」と指摘されたが、「すみません。気を引き締めて頑張ります」と、笑顔も見せ幸せいっぱいの様子だった。

引用 サンスポ http://www.sanspo.com/geino/news/20161030/mrg16103011380005-n1.html

上手い!素敵な切り返しコメントですね。
流行りそうな予感。
タグ:結婚
posted by 佐々木寛太郎 at 09:00 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

飼い主のお墓のそばで 1年間暮らす猫

飼い主のお墓のそばで 1年間暮らす猫(インドネシア)
猫とお墓.jpg
以下 引用

青い墓石に鼻をすり寄せてそのそばを離れようとしない1匹の猫。インドネシアの中部ジャワ州に、亡くなった飼い主のお墓のそばで1年前から暮らす猫がいる。『unilad.co.uk』など複数のメディアが伝えた。

たまたまお墓のそばで猫の鳴き声を聞き、家に連れて帰ったというKeli Keningau Prayitnoさんは「帰る家がないのかと思って世話をしたのですが、猫は同じお墓の前に戻っていきました。それ以来気にかけて見ているのですが、この1年、あの猫をお墓のそばで見かけない日はありません」と語る。

お墓の前を通りかかる人に水や食べ物をもらうこともあるというが、猫がお墓を離れてついていってしまうことは決してないそうだ。

Keliさんによると、この猫の元の飼い主はクンダリさん(Kundari)という高齢の女性で、お墓は彼女のものだという。クンダリさんが住んでいた家には現在、その子供たちが住んでおり、猫は毎日この家に行って食事をもらっている。

猫がお墓を離れるのはこの食事の時だけで、昼間はゴロゴロと転がってみたり、鳴いてみたり、時には墓石に寄り添うようにして丸くなる。夜になると墓のそばで眠るが、それでも満足気な様子だという。

Keliさんは「あの猫をクンダリさんはとても可愛がっていたのでしょう。見ていると切なくなります」と話している。

今年の8月にはスペインで、入院中の飼い主を病院の外でじっと待つ秋田犬が話題となった。愛する者を思う気持ちは動物でも人間と何ら変わらないということだろう。

引用 ネタりか http://netallica.yahoo.co.jp/news/20161104-35548026-techinq

人間と動物の絆が墓石を通じて未だに通わせてるんですね
散骨してしまってはこの猫ちゃんもどうしたら良いかわからないですね。
posted by 佐々木寛太郎 at 12:07 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

アンパンマンの作者やなせたかしさんのお墓が完成していた

以前このブログで
アンパンマン作者やなせたかしさんのお墓の構想段階での記事を書いてましたが
翌年に完成されてたようです。

アンパンマンには息子三人ともお世話になっており、もうすぐ2歳の息子も只今絶賛アンパンマン信者です。
FotoJet Collage.jpg

どんなお墓になったかというと
詳しく紹介されているブログのリンクを張っておきますね。
やなせたかしさんのお墓「やなせたかし朴ノ木公園」

やなせたかし先生納骨式

大切なの偲ぶ場所があるということですね。
感謝を伝えることができる場所。
posted by 佐々木寛太郎 at 11:51 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

旭川市は合葬式施設建設の前にすることがある

すごく簡単に箇条書きで書くほうがわかりやすいのでそのように書きます。

旭川市の墓地の現状

昔は墓地が足らなくなれば造成していた。
(造成する度にその墓地はすぐに利用者でうまる)

市民のためにモデル墓地(規格がそろっている墓石)も用意した
(用意されたモデル墓地はすぐにうまる)

このように日本人の風習としてお墓を建てる 
建てたい人お墓参りをしたい人は一定以上います

しかし・・・
いつしか旭川市は墓地の造成を一切行わなくなりました。
(本当に新しい土地の造成は全くなし)
撤去した墓地用地を墓地申込者に割り振るだけになりました。

お墓を建てたいと思う人の心を無視するかのように
申し込んでから1年半から2年かかりますという状況を造り出す。

市民「お墓を建てる墓地がないのは困ります」
旭川市「民間の霊園や東神楽町の霊園がありますでしょ」という回答
(市営墓地と民間霊園や東神楽町の霊園とでは土地代がぜんぜん違う)
(旭川市 8千円〜1万3千円 民間霊園 30万〜40万 東神楽町 70万円全然違いますよね)

愛宕墓地という旭川市豊岡という住宅地にある古い墓地がりまして
愛宕墓地はもう何十年も新たな貸出をしてこなかった墓地でしたが

地域住民の要望もあり何十年ぶりに公募しました所、
とりあえずの30区画の用地に応募人数が200人を超えました。

このように潜在的にお墓を建てたいという人も多くいるのに
長らく旭川市は解消しようともせず、現在にいたってました。
なぜか・・・予算を全く付けたくないからですね

他の地方都市では当たり前にある旭川と名の付いた市営の霊園がない
でも

そこにきて、旭川市は大金をかけて合葬式施設を建てるという西川市長の公約には
乗っかりました。
あたかも市民のためという感じもありますが、それ以前にお墓を建てたいと
思っていた人の気持ちにはずっと反応してこなかったのに・・・

いきなり合葬式施設です。8千万以上もかかるという噂
旭川市民のために新たな造成や旭川霊園をつくる話にはならないのですね。
真面目に働いて納税して亡くなった人にお墓を建てる土地は提供せず
合葬施設だけ提供するのが旭川市です。

合葬式施設は高齢者に優しいという旭川市のイメージアップになると考えてますが
実際に建設されると思わぬ副産物を生むと思います。

それは・・・
人口流出・・・お墓もない、先祖の遺骨も合葬したとなると、旭川市に帰ってくるという
選択肢は完全になくなります。若者に至っては故郷という概念もなくなり、旭川でただ生まれたというだけで
将来は旭川からでていくことが現実におこると思います。

旭川市の人口はどんどん加速度的に少なくなるでしょう。

旭川市はわかっていません。今の旭川市を支えているのは真面目に働き、先祖を敬い、お墓を建てお参りしている人たちだということを・・・

それでも合葬墓がないとダメなのもわかります
実際は現在でもあるんですけど・・・

ではどんな人たちに必要か
1 生活保護受給者で希望の人のお骨
2 旭川刑務所受刑者のお骨
3 火葬場で受取拒否されたお骨
4 孤独死のお骨
5 身元不明・ホームレスのお骨
などなどです。
上記の人達は優先的に入れるでしょう。

合葬されるということは他人と混ざり合うということを覚悟して置かなければならないということ
自分の先祖、親、兄弟を他人と混ぜるということ

安易に考えている人がいたら、オススメはできません。
もうよく考えてとしか言えません。
昨今の墓じまいというマスコミが作り出した言葉のブームに安易に乗らないでください。

実感はないかもしれませんがお墓参りから得るものは実はたくさんあるのです。
posted by 佐々木寛太郎 at 12:51 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
おすすめセレクション.jpg